2013年度(平成25年度)

論文誌

  1. Kazuhiro Nakamura, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, and Keiiti Tokuda, “Integration of spectral feature extraction and modeling for HMM-based speech synthesis,” IEICE Transactions on Information and Systems, June 2014. (in press)
  2. Rasmus Dall, Junichi Yamagishi, Simon King, “Rating naturalness in speech synthesis: The effect of style and expectation,” Proceedings of Speech Prosody 7, May 2014. (in press)
  3. Shinji Takaki, Yoshihiko Nankaku and Keiichi Tokuda, “Spectral modeling with contextual additive structure for HMM-based speech synthesis,” IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing, vol.8, issue.2, pp.229-238, April 2014. (DOI:10.1109/JSTSP.2014.2305919)
  4. Keiichi Tokuda, Yoshihiko Nankaku, Tomoki Toda, Heiga Zen, Junichi Yamagishi, and Keiichiro Oura, “Speech synthesis based on hidden Markov models,” Proceedings of the IEEE, vol.101, no.5, pp.1234-1252, May 2013. (招待論文) (DOI:10.1109/JPROC.2013.2251852)

招待講演(国際)

  1. Keiichi Tokuda, “Flexible speech synthesis based on hidden Markov models,” Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2013 (APSIPA ASC 2013), Kaohsiung, Taiwan, October 29-November 1, 2013.

招待講演(国内)

  1. 徳田恵一, “テーマセッション:「音声合成」は今後こうなる!,” 情報処理学会音声言語情報処理研究会(SIG-SLP第100回記念シンポジウム), February 1, 2014. (パネリスト)
  2. 李晃伸, “テーマセッション:「音声応用(対話・検索)」は今後こうなる!,” 情報処理学会音声言語情報処理研究会(SIG-SLP第100回記念シンポジウム), February 1, 2014. (パネリスト)
  3. 山本大介, “スマートフォン向け音声対話3Dエージェントの開発,” 情報処理学会東海支部講演会, October 23, 2013.
  4. 徳田恵一, “ユーザ参加型双方向音声案内デジタルサイネージシステム:「メイちゃん」,” 電気関係学会東海支部連合大会, September 24, 2013.
  5. 李晃伸, 大浦圭一郎, 徳田恵一, “音声インタラクションシステム構築のためのオープンソースツールキットMMDAgent,” 電気関係学会東海支部連合大会, September 24, 2013.
  6. 山本大介, 大浦圭一郎, 西村良太, 打矢隆弘, 内匠逸, 李晃伸, 徳田恵一, “スマートフォンのためのスタンドアローン型モバイル音声対話エージェントの取り組み,” 電気関係学会東海支部連合大会, September 24, 2013.
  7. 打矢隆弘, 山本大介, 西村良太, 内匠逸, 大浦圭一郎, 李晃伸, 徳田恵一, “映像音声ストリーミング技術を用いた音声対話エージェントの開発と実証実験,” 電気関係学会東海支部連合大会, September 24, 2013.
  8. 山本大介, “音声対話3Dエージェント「メイちゃん」の開発と運用 - 大型サイネージからスマートフォンまで -,” 東海工学教育協会講演会, May 24, 2013.
  9. 徳田恵一, “統計的機械学習問題としての音声合成,” 情報処理学会音楽情報科学研究会(音学シンポジウム), May 11, 2013.

国際学会

  1. Shinji Takaki, Kei Sawada, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda, “Overview of NIT HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2013,” Blizzard Challenge 2013 Workshop, Barcelona, Spain, September 3, 2013 (web proceedings).
  2. Takenori Yoshimura, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda, “Cross-lingual speaker adaptation based on factor analysis using bilingual speech data for HMM-based speech synthesis,” 8th ISCA Speech Synthesis Workshop, pp.317-322, Lyon, France, August 31-September 2, 2013.
  3. N. d'Alessandro, J. Tilmanne, M. Astrinaki, T. Hueber, R. Dall, T. Ravet, A. Moinet, H. Cakmak, O. Babacan, A. Barbulescu, V. Parfait, V. Huguenin, E. S. Kalayci, and Q. Hu, “Reactive statistical mapping: Towards the sketching of performative control with data,” IFIP Advances in Information and Communication Technology, Special Issue: Proceedings of the 9th eNTERFACE Workshop, August 2013.
  4. Motohiro Shibakawa, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita, “Design and implementation of multiagent-based distributed backup system,” Proceedings of the 12th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, pp.234-240, June 2013. (DOI: 10.1109/ICIS.2013.6607847)
  5. Takahiro Uchiya, Syo Itazuro, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita, “Design environment of intelligent multiagent systems,” Proceedings of the 12th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, pp.241-246, June 2013. (DOI: 10.1109/ICIS.2013.6607848)
  6. Shinji Takaki, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda, “Contextual partial additive structure for HMM-based speech synthesis,” Proceedings of ICASSP 2013, pp.7878-7882, Vancouver, Canada, May 26-31, 2013. (DOI:10.1109/ICASSP.2013.6639198)
  7. Kazuhiro Nakamura, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda, “Integration of acoustic modeling and mel-cepstral analysis for HMM-based speech synthesis,” Proceedings of ICASSP 2013, pp.7883-7887, Vancouver, Canada, May 26-31, 2013. (DOI:10.1109/ICASSP.2013.6639199)
  8. Akinobu Lee, Keiichiro Oura, and Keiichi Tokuda, “MMDAgent -a fully open-source toolkit for voice interaction systems-,” Proceedings of ICASSP 2013, pp.8382-8385, Vancouver, Canada, May 26-31, 2013. (DOI:10.1109/ICASSP.2013.6639300)

 

2012年度(平成24年度)

招待講演

国際

  1. Junichi Yamagishi, “HMM-based speech synthesis adapted to listener’s and talker’s conditions,” Invited speaker, The Listening Talker Workshop, Edinburgh, UK, May 2012.
  2. Steve Renals, “Current speech research in Edinburgh,” UKSpeech conference, Birmingham, UK, Dec 2012.
  3. Steve Renals, “Natural Speech Technology”, CREST Symposium on Human-Harmonized Information Technology --- Behavior, Interaction, Music, and UGC ---, Kyoto, Japan, April 2012.

国内

  1. 山岸順一,“EUおよび英国の研究費の仕組み:国際的な研究活動にむけて”,第4回若手研究者フォーラム,東京大学,2012年12月22日.
  2. 徳田恵一,大浦圭一郎,李晃伸,山本大介,打矢隆弘,内匠逸,“ユーザ参加型双方向音声案内デジタルサイネージシステムの開発・設置・運用事例”,日本音響学会春季研究発表会,東京,pp.119—122, 2013年3月14日.

招待論文

  1. 大浦圭一郎,山本大介,内匠逸,李晃伸,徳田恵一,“キャンパスの公共空間におけるユーザ参加型双方向音声案内デジタルサイネージシステム”,人工知能学会誌,Vol.28, No.1, pp.60—67, 2013年1月.

論文誌

  1. Keiichi Tokuda, Yoshihiko Nankaku, Tomoki Toda, Heiga Zen, Junichi Yamagishi, Keiichiro Oura, “Speech synthesis based on hidden Markov models”, Proceedings of IEEE, 2013. (in press)
  2. Syo Itazuro, Takahiro Uchiya, Tetsuo Kinoshita, Ichi Takumi, "Development support of learning agent on repository-based agent framework", International Journal of Software Science and Computational Intelligence, 2013. (accepted)
  3. Wenpeng Wei, Hideyuki Takahashi, Takahiro Uchiya, Tetsuo Kinoshita, "Cooperation protocol design method for repository-based multi-agent applications", International Journal of Cognitive Informatics & Natural Intelligence, 2013. (accepted)
  4. Pablo Martinez Lerin, Daisuke Yamamoto, Naohisa Takahashi, "Encoding network-constrained travel trajectories using routing algorithms", International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.4, No.1, pp. 34-49, 2013. (DOI: 10.1504/IJKWI.2013.052724)
  5. Hiroya Mizutani, Daisuke Yamamoto, Naohisa Takahashi, "A preventing method for overlapping focuses in a Focus+Glue+Context map", International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.4, No.1, pp. 50-69, 2013. (DOI: 10.1504/IJKWI.2013.052725)
  6. Pablo Martinez Lerin, Daisuke Yamamoto, Naohisa Takahashi, "Mouse-sensitive following path suggestion for drawing travel routes in web map systems", Journal of Geographic Information System, Vol.4, No.5, pp. 393-402, October 2012. (DOI: 10.4236/jgis.2012.45045)

国際学会

  1. Akinobu Lee, Keiichiro Oura, Keiichi Tokuda, “MMDAgent ―A FULLY OPEN-SOURCE TOOLKIT FOR VOICE INTERACTION SYSTEMS―,” 2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2013), Vancouver, Canada, May 26–31. (accepted)
  2. Shinji Takaki, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, “Contextual partial additive structure for HMM-based speech synthesis,” 2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2013), Vancouver, Canada, May 26–31. (accepted)
  3. Kazuhiro Nakamura, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, “Integration of acoustic modeling and mel-cepstral analysis for HMM-based speech synthesis,” 2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2013), Vancouver, Canada, May 26–31. (accepted)
  4. Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita, "Circulation mechanism of multiagent system based on agent repository", Proc. of IEEE BWCCA-2012, pp.668-672, December 2012.
  5. Naoya Tatematsu, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita,"Enhancement of repository based agent framework for ubiquitous environment", Proc. of IEEE BWCCA-2012, pp.673-678, December 2012.
  6. Syo Itazuro, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita, "Design Environment of reinforcement learning agents for intelligent multiagent system", Proc. of IEEE BWCCA-2012, pp.679-683, December 2012.
  7. Takahiro Uchiya, Kinoshita, "Enhancement of agent design environment for agent interoperability", Proc. of IW-STEIC2012, pp.89-94, October 2012.
  8. Shinji Takaki, Kei Sawada, Kei Hashimoto, Keiichiro Oura, Keiichi Tokuda, “Overview of NIT HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2012,” Blizzard Challenge 2012 Workshop, Portland, USA, September 14, 2012 (web proceedings).
  9. Takafumi Hattori, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, “A Bayesian approach to speaker recognition based on GMMs using multiple model structures,” Interspeech 2012, Portland, USA, September 9–13, 2012.
  10. Viviane de Franca Oliveira, Sayaka Shiota, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, “Crosslingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis based on perceptual characteristics and speaker interpolation,” Interspeech 2012, Portland, USA, September 9–13, 2012.
  11. Syo Itazuro, Takahiro Uchiya, Ichi Takumi, Tetsuo Kinoshita, "Design support mechanism of learning agent on repository-based agent framework", Proc. of ICCI*CC2012, pp.300-304, August 2012.
  12. Wenpeng Wei, Hideyuki Takahashi, Takahiro Uchiya and Tetsuo Kinoshita, "Repository-based methodology of cooperation protocol design for multi-agent system", Proc. of ICCI*CC2012, pp.283-288, August 2012.
  13. Pablo Martinez Lerin, Daisuke Yamamoto and Naohisa Takahashi, "Encoding travel traces by using road networks and routing algorithms", Proc. of KES IIMSS 2012, Gifu, pp.233-243, May 2012.
  14. Hiroya Mizutani, Daisuke Yamamoto and Naohisa Takahashi, "A fusion of multiple focuses on a Focus + Glue + Context map fusion", Proc. of KES IIMSS 2012, Gifu, pp.11-21, May 2012.
  15. Pablo Martinez Lerin, Daisuke Yamamoto and Naohisa Takahashi, "Making a pictorial and verbal travel trace from a GPS trace", Proc. of W2GIS 2012, Naples, Italy, pp.98-115, April 2012.

国内学会

  1. 吉村建慶,橋本佳,大浦圭一郎,南角吉彦,徳田恵一, “HMM音声合成のためのバイリンガルデータを用いた因子分析に基づくクロスリンガル話者適応,” 日本音響学会春季研究発表会, 1-7-3, pp.267–268, 東京, 2013年3月.
  2. Viviane de Franca Oliveira, Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, “Cross-lingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis using joint-eigenvoices with a space of perceptual characteristics,” 日本音響学会春季研究発表会, 1-7-4, pp.269–270, 東京, 2013年3月.
  3. 中村和寛,橋本佳,南角吉彦,徳田恵一, “HMM音声合成におけるメルケプストラム分析を統合した音響モデリングの検討,” 日本音響学会春季研究発表会, 1-7-11, pp.289–290, 東京, 2013年3月.
  4. 桑子修一,高木信二,橋本佳,南角吉彦,徳田恵一, “HMM音声合成における因子分析を用いた発話適応学習の検討,” 日本音響学会春季研究発表会, 1-7-12, pp.291–292, 東京, 2013年3月.
  5. 岡田知大,高木信二,南角吉彦,徳田恵一, “HMM音声合成におけるF0/有声・無声重みの個別クラスタリングによる合成音声の評価,” 日本音響学会春季研究発表会, 1-7-13, pp.293–294, 東京, 2013年3月.
  6. 喜多村翔斗,中村和寛,橋本佳,南角吉彦,徳田恵一, “音高正規化学習を用いたHMM歌声合成における調子外れの補正,” 日本音響学会春季研究発表会, 2-7-10, pp.337–338, 東京, 2013年3月.
  7. 城田佳菜子,中村和寛,大浦圭一郎,南角吉彦,徳田恵一, “HMM歌声合成における歌唱者適応学習の検討,” 日本音響学会春季研究発表会, 2-7-11, pp.339–340, 東京, 2013年3月.
  8. 打矢隆弘,伊藤翔太,内匠逸,木下哲男, "発展型エージェントシステムにおける動作特性指標",第75回情報処理学会全国大会, 宮城, 2013年3月8日.
  9. 岸上友樹,打矢隆弘,内匠逸,木下哲男, "エージェントフレームワークDASHにおけるスナップショット管理機構の構築", 第75回情報処理学会全国大会, 宮城, 2013年3月7日.
  10. 仲野良佑,打矢隆弘,内匠逸,木下哲男, "マルチエージェントシステムを用いた節電機構に関する研究", 第75回情報処理学会全国大会講演論文集, 宮城, 2013年3月8日.
  11. 田川達司,内匠逸,打矢隆弘, "カルマンフィルタとマップマッチングを用いた歩行者経路の推定精度向上に関する研究", 第75回情報処理学会全国大会, 宮城, 2013年3月6日.
  12. 石原佑哉,内匠逸,打矢隆弘, "端末特性を考慮したベイズの定理による5GHz帯無線LAN位置推定に関する研究", 第75回情報処理学会全国大会, 宮城, 2013年3月6日.
  13. 尾前貴則, 山本大介, 高橋直久, "音声対話を用いた構内道案内システムの実現", DEIM 2013, D1-4, 福島, 2013年3月3日.
  14. 山本 大介,大浦 圭一郎,西村 良太,打矢 隆弘,内匠 逸,李 晃伸,徳田 恵一, "スマートフォン単体で動作する音声対話3Dエージェント「スマートメイちゃん」の開発", インタラクション2013, IPSJ Symposium Series Vol. 2013, No. 1, pp. 675-680, 東京,2013年3月2日.
  15. 打矢隆弘, 山本大介, 柴川元宏, 吉田真基, 西村良太, 内匠逸, 松尾啓志, "オープンキャンパスにおけるモバイル端末向け音声対話システムの活用", 大学ICT推進協議会, 神戸, 2012年12月17日.
  16. 打矢隆弘, 山本大介, 柴川元宏, 吉田真基, 西村良太, 内匠逸, "ビデオ通話型音声対話サービス「モバイルメイちゃん」の開発", 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012, 静岡, 2012年10月24日~26日.
  17. 立松直也, 打矢隆弘, 内匠逸, 木下哲男, "ユビキタス環境に向けたリポジトリ型マルチエージェントフレームワークの拡張",合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012, 静岡, 2012年10月24日~26日.
  18. 板津呂翔, 打矢隆弘, 内匠逸, 木下哲男, "知的マルチエージェントシステムにおける強化学習エージェント設計支援機構", 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012, 静岡, 2012年10月24日~26日.
  19. 服部貴文,橋本佳,南角吉彦,徳田恵一, “複数のモデル構造を用いた変分ベイズ法に基づく話者認識,” 日本音響学会秋季研究発表会, 1-1-13, pp.39–40, 長野, 2012年9月.
  20. 真野翔平,南角吉彦,徳田恵一,“隠れ条件付確率場を用いた音声認識のためのアニーリングに基づく学習アルゴリズムの検討,” 日本音響学会秋季研究発表会, 2-1-10, pp.79–80, 長野, 2012年9月.
  21. 大浦圭一郎,南角吉彦,徳田恵一, “HMM 歌声合成における状態数可変のモデル構造の検討,” 日本音響学会春季研究発表会, 2-2-2, pp.275–276, 長野, 2012年9月.
  22. 高木信二,南角吉彦,徳田恵一, “HMM 音声合成のための加算モデル構造に基づく複数話者同時モデリングの検討,” 日本音響学会春季研究発表会, 2-2-5, pp.281–282, 長野, 2012年9月.
  23. 吉田真基, 打矢隆弘, 内匠逸, "スマートフォンを用いた学内見学支援アプリケーションの試作", マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 石川, 2012年7月6日.
  24. 柴川元宏, 打矢隆弘, 内匠逸, 木下哲男, "エージェント技術を用いた分散バックアップシステムの開発", マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 石川, 2012年7月5日.
  25. 打矢隆弘, 奥村文雄, 内匠逸, 木下哲男, "リポジトリ型エージェントフレームワークにおける協調エージェント開発支援機構",マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 石川, 2012年7月4日.

2011年度(平成23年度)

招待講演

国際

  1. Keiichi Tokuda, ``Speech synthesis as a statistical machine learning problem”, 2011 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU 2011), Hawaii, USA, December 2011.
  2. Steve Renals, ``Towards Natural Speech Technology,’’ IAST: innovation and applications in speech technology, Dublin, March 9 2012.

 国内

  1. 徳田 恵一, “コンテンツ生成の循環系を軸とした音声技術基盤の構築を目指して”, 音声言語シンポジウム, 東京, 2011年12月. 

国際学会

  1. Pablo Martinez Lerin, Daisuke Yamamoto and Naohisa Takahashi, ``Encoding travel traces by using road networks and routing algorithms,’’ Proceedings of the KES IIMSS 2012, Gifu, May 2012. (accepted)
  2. Hiroya Mizutani, Daisuke Yamamoto and Naohisa Takahashi, ``A Fusion of Multiple Focuses on a Focus + Glue + Context Map,’’ Proceedings of the KES IIMSS 2012, Gifu, May 2012. (accepted)
  3. Christophe Veaux ``Voice reconstruction for individuals with vocal disabilities,’’ IAST: innovation and applications in speech technology, Dublin, March 9 2012.
  4. Kei Sawada, Akira Tamamori, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda, ``Face Recognition Based on Separable Lattice 2-D HMMs Using Variational Bayesian Method,'' 2012 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2012), pp.2205--2208, Kyoto, Japan, 25-30 Mar. 2012.  
  5. Keisuke Kumaki, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda, ``Fac Recognition Based on Extended Separable Lattice 2-D HMMs,'' 2012 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2012), pp.2209--2212, Kyoto, Japan, 25-30 Mar. 2012.  
  6. Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda, ``A Model Structure Integration Based on Bayesian Framework for Speech Recognition,'' 2012 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2012), pp.4813--4816, Kyoto, Japan, 25-30 Mar. 2012. 
  7. Keiichiro Oura, Ayami Mase, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda ``Pich Adaptive Training for HMM-Based Singing Voice Synthesis,'' 2012 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and  Signal Processing (ICASSP 2012), pp.5377--5380, Kyoto, Japan, 25-30 Mar. 2012.

国内学会

  1. 高木 信二, 南角 吉彦, 徳田 恵一, ``コンテキストの部分的な加算構造に基づくHMM音声合成,’’ 日本音響学会2012年春季研究発表会, vol.I, 1-11-5, pp.303-304, 2012年3月.
  2. 橋 本 佳, 山岸 順一, Peter Bell, Simon King, Steve Renals, 徳田 恵一, ``HMM音声合成における変分ベイズ法に基づく線形回帰,’’ 日本音響学会2012年春季研究発表会, vol.I, 3-11-12, pp.403-404, 2012年3月.
  3. Viviane de F. Oliveira, Sayaka Shiota, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, ``Cross-lingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis using speaker interpolation based on perceptual characteristics,’’ 日本音響学会2012年春季研究発表会, vol.I, 3-11-12, pp.405-406, 2012年3月.
  4. 石原 佑哉, 内匠 逸, 打矢 隆弘, ``端末特性を考慮したベイズの定理による無線LAN位置推定,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 4E-1, 2012年3月7日.
  5. 細井 純太, 山本 大介, 高橋 直久, ``携帯端末を用いたFocus+Glue+Contextマップ操作手法,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1P-4, 2012年3月6日.
  6. 加藤 史也, 山本 大介, 高橋 直久, ``Focus+Glue+Context マップのための 凹型多角形のFocus 生成手法,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1P-5, 2012年3月6日.
  7. 伊藤 広記, 山本 大介, 高橋 直久, ``複数メッシュにまたがる周回道路データベース構築手法,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1P-6, 2012年3月6日.
  8. 樋川 貴一, 山本 大介, 高橋 直久, ``XMLを用いたWEBサービス用施設領域DBサーバの構築,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1P-7, 2012年3月6日.
  9. 原田 麻紀, 山本 大介, 高橋 直久, ``道や角の分かりやすさを考慮した構内道案内システム,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1P-8, 2012年3月6日.
  10. 小池 克拓, 打矢 隆弘, 内匠 逸, ``社会性を組み込んだ情報推薦システムの設計,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1C-2, 2012年3月6日.
  11. 山本 康平, 打矢 隆弘, 内匠 逸, ``アルゴリズム切替による情報推薦システム,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1C-3, 2012年3月6日.
  12. 吉田 真基, 打矢 隆弘, 内匠 逸, ``スマートフォンを用いた学内見学支援アプリケーション,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 2C-6, 2012年3月6日.
  13. 城山 翔平, 打矢 隆弘, 内匠 逸, ``AndroidOS搭載端末向けエージェントプログラミング支援機構の開発,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1D-2, 2012年3月6日.
  14. 秋元 悟史, 打矢 隆弘, 内匠 逸, ``大規模処理機構との連携を考慮したDASHエージェントの設計,’’ 情報処理学会第74回全国大会, 名古屋, 1D-3, 2012年3月6日.
  15. 徳 田 恵一, 大浦 圭一郎, ``自動学習により人間のように歌う音声合成システム ---Sinsy--,’’ 第94回音楽情報科学研究会(SIGMUS), Technical Report of IPSJ, vol.2012-MUS-94, no.1, pp.1-6, 静岡, 2012年2月.
  16. 才野 慶二郎, 大浦 圭一郎, 橘 誠, 剣持 秀紀, 徳田 恵一, ``ラップスタイル歌声合成の検討,’’ 第94回音楽情報科学研究会(SIGMUS), Technical Report of IPSJ, vol.2012-MUS-94, no.1, pp.1-6, 静岡, 2012年2月.
  17. 大浦 圭一郎, 間瀬 絢美, 南角 吉彦, 徳田 恵一, ``HMM歌声合成における音高正規化学習の検討,’’ 第94回音楽情報科学研究会(SIGMUS), Technical Report of IPSJ, vol.2012-MUS-94, no.1, pp.1-6, 静岡, 2012年2月.
  18. 中島 悠太, 打矢 隆弘, 内匠 逸, 木下 哲男, ``エージェントリポジトリを用いた異種エージェント組織化手法,’’ ネットワークシステム研究会, 信学技報NS2011-164, pp.109-114, 沖縄, 2012年1月27日.
  19. 金子 智哉, 打矢 隆弘, 内匠 逸, 木下 哲男, ``発展型エージェントシステムのための監視アーキテクチャの実装,’’ ネットワークシステム研究会, 信学技報NS2011-165, pp.115-120, 沖縄, 2012年1月27日.
  20. 奥村 文雄, 打矢 隆弘, 内匠 逸, 木下 哲男, ``エージェント相互運用のための開発支援機構の設計,’’ ネットワークシステム研究会, 信学技報, NS2011-166, pp.121-126, 沖縄, 2012年1月27日.
  21. 李 晃伸, 大浦 圭一郎, 徳田 恵一, ``魅力ある音声インタラクションシステムを構築するためのオープンソースツールキットMMDAgent,’’ 音声言語シンポジウム, Technical Report of IEICE, vol.2011-SLP-89, no.27, pp.1-6, 2011年12月.
  22. 山本 大介, 大浦 圭一郎, 李 晃伸, 打矢 隆弘, 内匠 逸, 徳田 恵一, 松尾啓志, ``双方向音声デジタルサイネージのための学内イベント登録システム,’’ 大学ITC推進協議会2011年度年次大会, CD-ROM, 2011年12月.